• ホーム
  • イソジンを全身に塗って性病を予防できるか

イソジンを全身に塗って性病を予防できるか

性病を予防するためにイソジンを利用する人もいます。
イソジンは明治製薬が販売するうがい薬で、主成分はポビドンヨードです。
登録商標なので他のメーカーは販売していません。

ポビドンヨードには細菌や真菌、ウイルスなど様々な微生物に対して殺菌効果があり、うがいをすることで口腔内やのどの殺菌と消毒を行っています。
性病も原因となるのは、特定の真菌やウイルスなので殺菌すれば感染を防ぐことができると考えています。
性病を引き起こす真菌やウイルスの多くが、性器の周辺にいますが、性器を触った手で体のあちこちを触れば全身の皮膚表面に存在することになります。
そこで全身にイソジンを塗れば、さらに良いのではないかと思いつく人もいますが、これは非常に危険な行為です。

全身のうちどこかに傷や炎症があると、イソジンなどの微生物を殺す消毒液は有害物質となります。
一般的に消毒液は殺したい場所にピンポイントに使いますが、使い方を間違えると傷や炎症から体の内部に侵入して、毒として作用します。
体内のあらゆる微生物と細胞を攻撃するので、感染症を防いでいた細胞まで破壊されます。
免疫力は著しく低下するため、余計に性病に感染するリスクが高まります。

さらに、全身に塗らなくてもイソジンは扱いが難しいです。
高い殺菌力を出すには、ポビドンヨードの濃度が0.1%にしなければなりません。
販売されているのは濃度10%なので、きちんと100倍に希釈しないと性病を確実には予防できません。
0.1%より濃くても薄くても効果が弱くなり、濃度が変わると正常な細胞まで破壊し、健康を損ないます。
よってイソジンを全身に塗るなどして性病を予防するという安易な方法は決して止めましょう。