• ホーム
  • 毛じらみは痒くて神経症を患うほどの性病です

毛じらみは痒くて神経症を患うほどの性病です

毛じらみは他の細菌性の性病とは違って、人間の毛に寄生する小さなシラミという昆虫による感染症です。
ケジラミは体長1~2mmほどの虫で、肉眼でも見る事もできます。
陰毛の根元にくっついていることが多く、ちょっとみると白くフケのように見えますが、 よく見ると小さなカニやエビのような形をしていることが確認できます。
毛じらみは陰毛にひっついて血を吸い、陰毛の根元に黒い1mmほどの卵を産みてさらに痒みと感染を拡大していきます。
感染経路は、性行為によって陰毛が直接接触すると感染します。

また、それ以外にも、公衆浴場での入浴や感染者が使用したあとのタオルの使用などによっても感染しますので、 性行為以外での感染も十分考えられます。
毛じらみの特徴は、血を吸うためにとても痒いことです。
時々その痒さから深刻な神経症にん病まされる人もいます。
最初はあまり、気になりませんが、そのうち、卵がふ化してくると、ただでさえも痒いところが、次々に痒くなり、最後にはかきむしりたくなります。
その結果、仕事が手につかなくなるだけでなく、「何が何でも、早く何とかこの痒さから何とかしなくっちゃ」と焦り、常に神経質になってきます。

また一般の石鹸の使用や入浴も有効ではありません。
それどころか、家族がいる場合は、入浴や洗濯物を通じての感染させる恐れがあるために、ますます痒さと感染に過敏になってきます。
この二つが強迫観念となって気が気でない日が続きますが、実際には、スミスリンシャンプーというシャンプー剤や殺虫剤を薬局で買って継続的に使用することによって2週間ほどでケジラミを治療することができます。
このように、毛じらみの感染症状は痒みですが実際の被害は、仕事ができないほどの痒みと感染拡大などの焦りによりあまり眠れないことです。