カプセル

性病は性行為によって発症する病気の総称となっており、その感染経路としては非常に限定されているというところが大きな特徴となっています。
というのも、原因は性行為によるものとなっているので基本的には性行為で利用した場所から感染するようになっているため、ほかの病気と比較すると限定されていますし分かりやすくなっています。

ではどのような感染経路を持っているのかというと、まず最も多いのは性交感染です。
なので男性の場合は亀頭や陰茎、尿道などを介して感染することが多く、女性の場合は膣や子宮が中心となっています。
それらの部位に何らかの症状が出ている場合は感染を疑うことができますし、無症状であっても検査によって感染が発覚する事もあります。

性病にはほかには感染経路はないように思われがちですが、たとえばオーラルセックスやディープキスをした場合に口腔内に感染する事もあり、これらは経口感染として判断されます。
また、男性同士の性行為などの肛門を使用した性行為の場合はこちらも性交感染として判断されますが肛門に感染する事もあります。
また、肝炎のような病気の場合は性病としても扱われていますがこちらはどちらかといえば血液感染で感染する可能性が高くなっていますし、中には原因不明・感染経路も不明ながら性病として取り扱われているものもあります。

このようなことから一概に全てが性行為によるものというわけではないですし、一般的には性病として扱われていない病気も性行為で感染することがあることから性病として取り扱われているものもあります。
ただ、いずれにしても性行為によって感染するリスクが高くなっているので、自覚があるなしに関わらず治療と予防をしっかり行っておくことが重要となります。
治療によく使われるアンピシリンという抗生物質について知っておくのが良いでしょう。